FC2ブログ

明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

大阪朝鮮高級学校VS国見高校

 大阪朝鮮高級学校が国見高校を下して準々決勝進出を果たした。地元校だからなんとなく気になるのでテレビで観戦していたのだけど、何より気になったのは、大阪朝鮮イレブン以上に力の入ったアナウンサーの実況中継だった。
 大阪朝鮮にいいプレーが観られれば、その選手の生い立ちから何から引き出して、これでもか! というぐらいベタベタに褒める。一方、国見のプレーに関してはあまりにも淡白。初めて国見を知った人に「なんだ、国見ってそれほど強いチームじゃないんだな」とスリ込もうという意図さえ感じたほどだ。
 大阪の局アナだからという理由もあるのだろうけど、大阪朝鮮の応援団長かと見紛う実況ぶりは、不公平性をビンビン感じた。……ハッ! これはひょっとして、判官贔屓甚だしかった柏対甲府の入替戦のデジャヴュ? と思ったほどだ。

 特にこのアナウンサーの思い入れが強かったのは、3年生のパク・チソン。韓国代表選手と同姓同名のこの選手は、それだけで彼を興奮させるのに十分だったのだろう。後半から出場したパク選手が早々にミドルシュートを放つやいなや、アナウンサーのタガが外れてしまった。

「シュートを放ったのは、9番パク・チソン!」

「この選手が、パク・チソン!!」

「注・目・の、パク・チソン!!!」

 どうだろう、この名前の連呼ぶりは。しかも、シュートは外れたというのに、あたかも入ったかのように興奮している。片や視聴者の私は、「パク・チソンって言いたいだけやんかー」と突っ込みたくなる中継にすっかりシラけてしまった。そして、それと同時に似たような実況を聞いたことを思い出した。

 それは随分前のことである。舞台は同じく、全国高校サッカー選手権大会。私の自宅から見える場所にあるM高校が出場したこともあって、これまたなんとなく気になるのでテレビで観戦していたのだが、覚えていることといえば、アナウンサーがある選手の名前を連呼したことだけである。
 その名は、M高校イレブンの「山本じょうじ(漢字は失念)」。あの演歌歌手と同姓同名である。このアナウンサー、よほどこの名前を言いたくて言いたくて仕方なかったのだろう。他の選手は苗字だけで呼ぶのに、山本じょうじ選手だけはフルネームで呼び続けた。

「走ります、行きます、やまもとじょ~じ!」

「ファウルを取られました、やまもとじょ~じ!」


「あ、今のはナカムラですね」

「惜しいシュート、やまもとじょ~じ!」

「やまもとじょ~じ! や・ま・も・と・じょーーーじ!!」

 山本じょうじって言いたいだけやんかー。まぁ、その気持ちは分からないでもないけれど。

 このように、有名人と同姓同名の人はもちろん、「ジョウジ」という名前もいじられがちだということは、意外と知られていない。
 例えば、知り合いのジョウジは、『危険な情事』という映画にかけて、「ジョウジって危険らしいぜ」と囁かれていた。『痴人の愛』の主人公ジョウジは、愛するナオミの愛人であるアメリカ兵に、英語風の巻き舌で「ジョージ、ジョージ」と呼ばれることがシャクに触ると腹を立てていた。

 英語で書くと、GEORGE。一瞬ゲロゲと読んでしまうスペルも、いじられやすい理由かもしれないが、名前でこれだけ盛り上がれるなんて「ジュゲムジュゲム(以下割愛)」以来ではないだろうか。とにかく、この名前はオイシすぎる。

 嗚呼、もう! ジョウジってヤツは!!
スポンサーサイト

2006-01-04 | その他サッカー |  cm : 1  |  tb : 1

Comment

め ちゃ仲良くなれる 友募集中","住みゎどこでも男女どっちでもぃぃです⌒+ ","高校生以上の人が嬉しぃ

2008-01-17 | ahirun1 #pYrWfDco | URL|[ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/74-ffacf9a9

大阪朝鮮ベスト8強豪国見を破る(高校サッカー)

「大阪朝鮮ベスト8強豪国見を破る(高校サッカー)」に関連するブログ記事から興味...

2006-01-05 | ブログで情報収集!Blog-Headline/sports

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。