明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

降格して無に返らず

 我らが柏レイソルの入替戦が決定した時、絶対に降格はしたくないと思っていた。中にはチーム状態の酷さに「J2から出直したほうがいいのでは」との声もあったが、それはとんでもないことだ、と残留だけをひたすら祈った。
 しかし、結果はJ2降格。その哀しさといったらなかった。1週間経って、ようやく知人から慰めのメールが届くようになったが、それは彼らがこちらの気持ちを察してくれたからだろう。

 フロント陣はクラブ史上最悪の結果を受けて、ようやく改革に手をつけた。それが奏功するかどうかは、神様だってご存知ないだろう。でも、悪い方向には向かっていないような気がする。降格はショックだったが、勝者のメンタリティーをことごとく削がれたチームが変わる、いいきっかけになったのかもしれない。

 もし、首の皮1枚で残留したとしたら、きっと「強いレイソルをつくるぞー」という力強い胎動は感じられなかっただろう。むしろ、ギリギリのラインで残留を決めれば、元の木阿弥だったに違いない。
 
 残留=何も起こらなかった。こんな公式が成立するような気がする。何も起こらなかったということは、「色んなことが起こったが、結局前と同じ状態に落ち着いた」ということ。一見、平和が訪れたように見えるが、柏レイソルの場合、何も起こらなかった去年、そしてそのまま迎えた今季が厳しいシーズンになったことを思うと、何も変わらなかったレイソルが降格することは、昨年残留を決めた時点で決定的だったのでは、とも思う。

 まだ、私が影も形もない頃、安保闘争が起こった(えらい古い話だな!)。  学生を中心に、町のそこここでデモが行われ、政府も彼らを抑制するのに手をこまねいているように見えた。しかし政府には、「学生たちの『日本を変えられるのはオレたちだけだ』という気持ちを最高潮まで盛り上げておいて、すんでのところで国家権力を行使して叩きのめし、革命意欲を削ぐ」というプランがあった。
 かくして、政府はそのプランを実行し、学生たちに「オレたちごときが何をやっても無駄なんだ」という意識を植付けることに成功した。今もこの意識は、「政治への無関心」という形で息づいていると指摘されているが、これこそ「何も起こらなかった」ことの負の遺産ではないだろうか。

 河合隼雄氏もまた、日本の昔話「うぐいすの里」を引き合いに出して、「何も起こらなかった」ことが残す虚しさを説いている。
 物語はこうだ。ある木こりが森の中で、今まで見たことのない立派な館を見つける。そこにいた美しい女性は、「次の座敷を覗いてくれるな」と言い残して彼に留守を頼んで外出する。しかし彼は禁を犯して座敷に入り、そこにあった三つの卵を過って割ってしまう。帰ってきた女性はさめざめと泣き、「娘が恋しい、ほうほけきょ」と消え去っていく。同時に座敷も館も消え去り、男はいつもの森に独り残されていた。
 何も起こらなかったかのように、全てが無に返る。これは日本の昔話の常でもある。以前と状況は変わらないのに、そこには得体の知れない虚無感が横たわる。
 河合氏はこう指摘している。何も起こらなかったことを英語で言うと、Nothing has happened. すなわち、無が生じた、と。

 つまり、「残留=何も起こらなかった」ことによって、無が生じたのではないかと思ったのだ。それは「残留するために頑張っても、何も変わらなかった」という虚脱感や、「なんとかなるさ」という無気力、「誰かがやるだろう」という無関心を生んだといえるかもしれない。また、波戸さん選手が契約更改の交渉をした後、「チームのためにいいと思って言ったことが、減額の対象になった」とこぼしていたことを考えると、フロント陣の無関心さと、「フロントには何を進言しても無駄」という虚しさを生じたともいえる。(もちろん残留したことが、降格の全ての原因だとは思わない)。

 しかし今季は、J2降格という変化が起こった。そして幸いなことに、選手たちは学生ではなく、百戦錬磨のプロである(もちろん、見るなの座敷に入ってもいなければ、卵を割ってもいない)。
 確かに結末はショッキングだった。しかし、将来を見据えれば、何も起こらなかったことよりも、意味のあることではないだろうか。改革の着手、「1年でJ1に復帰します」という若手の頼もしい言葉が、それを裏付けているように思う。

 まだショックを引きずっているであろう父ちゃんとヤスも、来季の夏頃は盛り上がっていることだろう。

「父ちゃん、レイソルが優勝しそうだよ!」
「おうよ、ヤス! 人間、成長するには、辛酸を舐めるのも大切ってことよ」
「そうか、父ちゃん! なんだかむつかしそうだけど、辛酸ってヤツはスゴイ薬みたいだな! レイソルがこんなに強くなってら!」

 我らが柏レイソルのJ1復帰が決まった暁には、巻選手のブログにトラバを打つことにしよう。タイトルはもちろん、「千葉ダービーで会おう!」だ。
 1年越しのこの計画が、早期に成就されることを祈る!!

 ところでなぜ、巻選手は、東京Vのスポンサーのブログを使っているのだろうね?
スポンサーサイト

2005-12-20 | レイソル愛(Jリーグ) |  cm : 2  |  tb : 0

Comment

はじめまして。
アメブロはアクセスが多いと賞金が出るので、その賞金で巻シート(招待席)をスタジアムに設けたいのだと聞いたことがあります。

2005-12-21 | やぶ #QygVoc82 | URL|[ 編集 ]

やぶさん、はじめまして。
そうなんですね。これで謎が解けました。ありがとうございます。ブログ、サイコー。

ちなみに私もジェフサポ占い、やってみました。やぶさんと同じ結果で、私は
7人の異性に狙われているのだそうです。うへー。何を隠そう、今年の目標は「大恋愛をする」なので、滑り込みセーフで目標達成できるかも、です。わー。

2005-12-21 | imoto #- | URL|[ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/63-db2802a9

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。