FC2ブログ

明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

陽はまた昇る、必ず

 肩を落とす人、泣きじゃくる人、あるいは、現実を受け止めて前を向く人。色んな人が色んな思いを胸にレイソルロードを歩いたのだろう。

 落胆しているわけでもない。そうかといって、受け止めているわけでもない。現実に気持ちがついていかないのだ。去来するものがあるとすれば、サッカーってこんなにも虚しいものだったのか、という思いだろうか。

 個々の能力は高くても、限界がある。でも、チームワークを高めれば、限界を超えることは可能だ。
 数週間前、チームは一丸となってゴールを狙っていた。このままいけば残留できる。選手は手応えを感じていたはずだ。しかし、いい雰囲気はいつも選手以外の手によって、ことごとく台無しにされる。
 チームワークとは、選手だけが担うものではない。柏レイソルに属する人全てが関わって高めていくものではないのか。

 私は甘いと言われようが何と言われようが、選手贔屓である。もちろん、敗因は選手にもあるだろう。だけど、彼らのために戦いやすい環境をつくるのは、選手以外の人間が果たすべき役割だと考えている。なのに、小さな怠慢があちこちにあるものだから、選手がしわ寄せをこうむるのだ。

 チームがようやく機能し始めたと思ったら、誰かがネジを外しているような気がしてならない。今日の惨敗は、その集大成だ。今シーズン、選手が背負ってきた負担やリスクが、膿となって流れ出たような気がする。
 多くの人に感動を与えてきたサッカーというスポーツは、こんな虚しいものではないはずだ。



 試合後の選手のコメントは、こちら。こんな試合の後に、コメントするのは辛かったことと思います。早く気持ちを切り替えて、来年の今ごろはJ1昇格を喜べますよう。




スポンサーサイト

2005-12-10 | レイソル愛(Jリーグ) |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/46-54b48eb6

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。