FC2ブログ

明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

レイソル愛

Jリーグ戦も残すところあと2節。優勝争いはほぼ上位2チームに絞られたようだ。スポーツ番組では、キャスターらが「面白くなってきましたねぇっ! どこが優勝するんでしょうねぇ?!」と興奮している。ついでに、「残留争いも目が離せませんねぇ!」と面白がっている。ドキドキしますか、ワクワクしますか。そりゃぁ、するでしょう、対岸の火事ですものね。

もちろん私にとっても、優勝争いなんて対岸の火事。もうどこが優勝したって同じなのだ。しかし残留争いは対岸の火事とはいかない。火ダルマなのである。
私はG大阪のホームタウンに住んでいるが、このチームにはどうも興味が湧かない。商店街にはためく「ガンバレ ガンバ大阪」の旗に一瞥を投げかけて非国民ぶりを発揮したり、「身内が同級生やったから」と大黒選手を応援する知人にひたすらレイソル愛を説き、「分かった、柏を応援するわ」と言わせることもある。よほど必死なのだろう。最近よく、失笑混じりにこう言われる。
「すっごい、レイソル好きやな?!」

そもそもレイソル愛に目覚めたのは、昨年の最下位に引き続き、今季も早い時期から降格が囁かれていたからである。ダメな子ほどかわいい、という心理ではない。むしろ、素晴らしい選手がたくさん揃っているのに2年連続この成績なんて、選手がかわいそう…、というもどかしさが、レイソル愛に発展したという感じだ。
麻薬みたいなものだ。のめりこんだらしんどいぞ、という匂いは感じ取っていたが、ズルズルと引き込まれていった。今では、レイソルの勝利をひたすら祈る毎日である。

その祈りは、先日の広島戦(0-0)でようやく届いたような気がした。主力選手がいない中、若い選手たちがガムシャラに頑張った末のドローだろう。
この日、Jリーグデビューを果たした選手もいた。少し前、同様に厳しい状況の中、新人選手がJデビューをした時「本当なら、楽な試合で出してあげたかったんだけど」と玉田選手は言っていたが、厳しい試合で得るものは大きいはず。手応えを掴んで、次節、そして来季につなげてほしい。
スポンサーサイト

2005-11-24 | レイソル愛(Jリーグ) |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/34-712b61f4

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。