明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

玉田選手にライバル出現か

♪100年 1000年たっても 意地と見栄は捨てないで
諦めることに慣れてちゃだめ うざったいよ(『キャプテン翼』)♪

 昼間、テレビをつけたら『キャプテン翼』をやっていた。これを見てしまったら最後、私はサッカーバカまっしぐらになってしまう。
 今ならまだ間に合う。やめておこう、そうだ、やめておこう…。
 1度は断腸の思いでスイッチを消したのだ。が、やっぱり見てしまった。

 『キャプテン翼』を見るなんて何年ぶりだろう。私の知る翼君は小学生だった。当時のウリは、ドライブシュート。打てば必ず決まるのだから、その決定力は半端じゃない。
 小学生の翼君は、ハーフウェイラインからドリブルで駆け上がる間、いつも決まって色んなことを回想していた。その時間、ゆうに15分はあった。
「兄ちゃん、サッカーのコートはでっかいな」
「そうやな」
 私たち兄弟は、スケールの大きいサッカーに憧れたものだ。ちなみにこの時代、ドカベンの1打席は30分もかかっていた。

 小学生だった翼君は、先日見たテレビではワールドユース出場を狙う日本代表チームのキャプテンにまで成長していた。興味深かったのは、FWの日向選手が完成させた「タイガーシュートを越える“ライジュウシュート”」。ラ、ライジュウ? いささか意味不明だが、なにやらすごそうな名前のこのシュート、もちろん、名前負けしていない。
 何がスゴイのかというと、破壊力が人間ワザとは思えないのだ。なんせ、ネットを破ってゴール裏の金網に突き刺さるのだから。ひょっとしてこれは少林サッカーの元ネタではないかと思ったほど、ゴールキーパー入院必至の殺人的シュートだった。これをどうやって止めろと? やはり、少林サッカーのように太極拳で挑むしかないのだろうか。

 そんなFWがいるものだから、翼君も大船に乗った気分なのだろう。ワールドユース予選を控え、「予選を全勝して本大会に臨む」と意気込んでいた。その盛り上がりにあやかって、とうとうオフィシャルサイトまでできてしまった。
 早速覗いてみると選手名鑑のページがあったので、適当にクリック。開いたのは、新田瞬選手のプロフィールだった。

 それによると彼はFWで、「俊敏な動きから繰り出される“隼シュート”」が武器なんだそうだ。
 で、チーム履歴はというと…

大友中学→南葛高校→柏レイソル

 えっ…! 柏の選手を知り尽くしていると自負していたが、新田は知らなかった…。

 漫画の世界に玉田選手のライバル出現! 我らがエースもうかうかしてられませんね! ここはひとつ、隼シュートに対抗してものスゴイシュート名を考えて、商標登録してみてはいかがでしょうか、モウリーニョ監督みたいに。
スポンサーサイト

2005-10-14 | 雑記 |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/22-76316ca7

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。