明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

水戸×柏 スゴイよ、パンゾー君

 これは柏のホームゲーム? と思ってしまうほど、柏サポの声が響いた水戸ホーリーホック戦。その声に応えるべく、鈴なりのワンツーからきっちり決めたディエゴ選手の一発は素晴らしかった。抱きつこうとした小林(亮)選手を肘で払いのけ、スタッフとハグをするディエゴ。その後ピッチに戻りながら、彼はなぜあんなに怒っていたのか。ファンレターが少なすぎるせいか、それともドレッドヘアのせいで頭が痒いせいか。
 
 それでも、決して熱くなりすぎないのがディエゴのいいところ。あの風貌や若さからは想像しがたいが、すぐに平常心を取り戻せる選手、という印象がある。そういった心身のバランスのよさが、チームの柱になれる所以かもしれない。

 そんなディエゴのゴールが決勝点となり、依然として柏が首位をキープ。結果だけを見ると、首位柏は手堅く勝ち点3をものにした、となるが、実際はなんとかかんとか勝つことができた、というのが適当だ。ともあれ、今は結果オーライ。水戸の選手のように「内容はよくても勝たなければ…」という苦々しいコメントをするより、「課題はあるが、勝てたことは大きい」と言えるほうがいいに決まっている。それに、勝者のメンタリティは勝った者だけしか手に入れられないものだから。

 欲しがりません、勝つまでは。今欲しいのは勝利。オールアイニードイズ勝利。種もしかけもいりません。濁点もいりません。

 ティエコはフラシルしんてす

 それにしても、オフィシャルサイトのトップ画像からアクセスできるパンゾー君の写真は、まさにスペクタクルだな! 走って疲れているはずなのに、あんなに高く跳べるなんて、スゴイよ、パンゾー君! そして、今節最大のピンチを「こういう場合は、こうするんじゃよ」と若者を諭す長老のように冷静にクリアしたシーンには、めっちゃシビレた。
 彼はああ見えて弱冠二十歳。しかしそれが、人の一生の間で一番美しい年齢だとは誰にも言わせない。

 それから今節は、久々にホリコシの兄貴・藏川選手が登場! どんなプレーを見せてくれるのか楽しみだったが、ボールを触ったのはスローインの時だけだったそうで。今度は、もっと出られますように。
 そして、毒舌家のムードメーカー・加藤選手、今季初出場&完封勝利おめでとう~。昨年の天皇杯でのG大阪戦では苦杯を舐めさせられただけに、これは嬉しいことだね、とーちゃん!

 それから、最近の岡山選手の危なっかしいこけ方が気になります。あの痛々しいテーピングも気になります。ゴールを決めた後、すでに何か他のことを考えているような目をするリカルジーニョ選手が気になります。T.YAZAWA君の闘志はまだ燃えているのか気になります。それから、山根選手の守備センスが大好きです。フランサ様は、真面目そうなところが大好きです。

 色々書いておきたいことはあるけれど、最後に一つだけ。

 明日のヴェルディ戦も勝てますように。
スポンサーサイト

2006-08-21 | レイソル愛(Jリーグ) |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/122-ad85601b

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。