明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

ありがとう、ジーコ監督

 日本のW杯は終わった。今大会の試合後に、ジーコ監督の笑顔を見ることはなかった。この4年間、W杯に向けてチーム作りと日本サッカーの向上に尽力してくれた彼を、この大舞台で勝たせてあげたかった、本当に。

 ジーコ監督は、信頼関係の構築に重きを置き、不調の選手を“忍耐”して起用し続けることを信条とした。その恩情に応えた者だけが、W杯のメンバーに選ばれたと思っている。
 それでも日本代表選手たちは、大事な大会で勝ち切ることができなかった。信頼を寄せてくれた監督の気持ちに応えられなかった、と自責の念に駆られた選手もいたかもしれない。が、ジーコ監督は、どんな結果になろうとも、決して選手を責めたりはしない。もちろん、惨敗を喫したブラジル戦の後も。そんな姿勢を通じて感じていたのは、彼の選手に対する慈愛だった。

 玉田選手もその1人だろう。やれ、調子が悪いだの、やれ、結果が出ていないだのと周囲から揶揄されても、ジーコ監督は彼の強さを信頼し、“忍耐”して使い続けた。玉田選手も自身の不調を自覚しつつ、ジーコ監督の期待に応えるために努力していたことだろう。
 その甲斐あって、W杯予選のイラン戦で覚醒し、彼らしいドリブルから1アシストを記録。玉田選手はもちろんのこと、彼の真価が発揮されないことに気をもんでいたジーコ監督は彼以上に喜んだに違いない。

 この活躍をきっかけに、彼はJリーグのFC東京戦、G大阪戦で2ゴールずつをあげ、復調したかに見えた。が、疲労骨折により長期戦線離脱し、なすすべもなく所属していた柏レイソルはJ2降格に。
 ケガのせいで、しばらくの間代表に召集されず、忘れられた存在になった時期もあった。日本代表全員インタビューと題した雑誌に彼のインタビュー記事がなかったこと、W杯メンバー予想に入っていなかったこと…、と今思っても心底腹立たしいのだが、それでも、彼がドイツのピッチに立つことを微塵たりとも疑わず、日本代表サポの容赦ない批判や面白半分の野次に本気で怒ったこともある。そして「酔狂だ」と言われようが、彼がW杯で活躍することを信じていた。

 プロサッカー選手約1400人。彼らと日本のサッカーファンの夢を背負って、玉田選手は、王者相手に美しいゴールを決めた。これまでの応援が報われた瞬間だった。

 確かに、W杯は不本意な結果に終わった。でも、ずっと応援してきたのだから、これだけは言わせてください。

 玉田選手、ゴールおめでとう。ジーコ監督、ありがとう。

 玉田ゴールで、日本が勝てば言うことなかったんだけどな。そしてジーコ監督には、本当に勝たせてあげたかった、と今でも思う。何もできなかったからこそ悔やんでも悔やみきれないのだが、退任会見で「悔いることも恥じることもない」と迷いなく言い切った彼の言葉に、救われた気がした。
スポンサーサイト

2006-06-27 | サッカー日本代表 |  cm : 2  |  tb : 0

Comment

いつまで柏の玉田なんだ もう忘れろ 代表になっても活躍なんかしてねーじゃないか J2に落ちたのは柏から出て行った連中がは働かなかったせいじゃないか
玉田なんか糞して寝てろ 馬鹿野郎

2006-06-27 | 名無し #- | URL|[ 編集 ]

>名無しさん
男臭いコメント、ありがとうございます。玉田選手はもう柏の選手ではないのですが、彼を含め、元柏の選手はなんだかかわいくてしょうがないんですよね。どうか大きな心で、彼ら(と私)をお許しくださいませ♪

>Eさん
はじめまして。読んでいただきありがとうございます。そして、嬉しいコメントもありがとうございます!
これからも、この調子でやっていきます。色んな意見は参考になりますネ。

2006-06-27 | imot #d3b1/ruM | URL|[ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/110-8e6cdc03

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。