明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

日本VSマルタ戦で玉田が決勝ゴォォール!

 玉田選手がようやくゴールを決めた。アシストしてくれた三都主選手には、感謝してもしきれないぐらいだ。ありがとう、三都主選手!!
 このまま、2点、3点と取るつもりだったのだろう、交替を告げられた時は不満そうな表情でピッチを後にした。すぐに感情が顔に出てしまうのは相変わらずだが、うまくミートできなかったにもかかわらず、ゴールを決めることができたのは、コンディションが上がっている証拠なんだと思う。
 このゴールをラッキーの一言で片付けたりはしない。本領が発揮されつつあるのだ。本戦がとても楽しみになってきた。

 さて、気になるヒーローインタビューを待っていると、玉田選手の登場。久々に例の「ウフフフ」が飛び出し、嬉しいやら懐かしいやら。まったく、相変わらず素直な人だな、玉田選手は! その素直さが面白かったりするのだが。
 そして彼を信頼し、点が取れないことについて「点取り屋ではなく、崩し屋」と、ことあるごとに擁護してきたジーコ監督も、これでひとまず、自身の人選に確信を得たことと思う。

 玉田選手のゴールは、当然嬉しいこととして、実は、ドリブルで崩してからパスを繰り出す一連のプレーも好きだったりする。ドリブルで切り返してファーにクロス、だとか、高速ドリブルでサイドを深くえぐってマイナスのパス、だとか、サイドから中央に運んで、PA内に走り込んできた選手にスルーパスだとか。そういうゴールに結びつきそうなプレー、特にラストパスの精度にしびれるのは私だけではないだろう。

 とはいえ、やはりゴールが決まった瞬間は、あまりの嬉しさに大笑いしてしまった。ディエゴ選手がロスタイムに決勝ゴールを決めた時も大笑いしてしまったが、どうも私にはそういうクセがあるらしい。

 Nさんによると、W杯では無名のストライカーが得点王になるケースが多いそうだ。というわけで、玉田選手も得点王を狙っていいと思う。いや、狙え。そして、大笑いさせてくれ。そして、日本は優勝してもいいと思う。
 ジーコ監督は「W杯で世界を驚かせる」と言い、中村選手は「サッカーで勝てない相手はいない」と力強く言った。確かにそうだと思う。サッカーは、実力がそのまま結果につながるスポーツではないから。無名ストライカーが得点王になるように、ノーマークのナショナルチームが世界を席巻する可能性も十分にある。

「日本のサッカーを卑下するのは、日本のメディアだけだ」とはフローラン・ダバディ氏だ。彼は、1998年W杯・フランス大会で日本対クロアチア戦を観て、こんなにすごいサッカーがあるんだと驚いたという。日本は「動きが速く、次々にシュートを繰り出し、まるで花火を打ち上げるように攻撃を繰り返した」と述懐している。日本は負けはしたが、観ていて楽しかったそうだ。
 
 欧州メディアもこぞって、日本のサッカーを評価した。残念ながら、日本のメディアは「負けた事実だけを報じ、自分たちを卑下した」が、今大会も欧州を湧かせる魅力的なサッカーを繰り広げ、勝利に結びつけてほしいな、と思う。それは、ジーコ監督が率いる日本代表ならできると信じている。酔狂ではなく、本気である。
スポンサーサイト

2006-06-05 | サッカー日本代表 |  cm : 0  |  tb : 0

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/105-ebf53074

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。