明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

柏レイソル、ガ大阪に勝利!

ええとこなしだった名古屋グランパスエイト戦から1週間。15位に転落してしまった以上、今日のガンバ大阪戦は負けられない試合だった。誰もが首位に立つガンバ大阪が勝つと予想していたに違いない。が、サッカーとは分からないものだ。ラモスさんに「高校生じゃないんだからっ!」と叱咤激励されたのか、慢心を瑞穂に置いてきたのか。柏レイソルは聖地日立台で勝利を収めたのだ。

柏がガ大阪から2年3カ月ぶりの勝利 <柏2-1ガ大阪>
柏がガ大阪から2年3カ月ぶりの勝利。前半、パスミスからアラウージョの先制ゴールを許したが、7分後に左サイドでDF陣を振り切ったレイナウドのパスを玉田が左足で決めて同点。後半6分にも右サイドからのレイナウドのセンタリングを受けた玉田が、右足で流し込んだ。ガ大阪は、出足の速い柏のプレスに攻め手を寸断された。(毎日新聞)

信じてもらえないかも知れないが、今日は勝つ予感がしていた。夢を見たのだ。
前半13分で玉田選手が先制ゴールをあげ、その後、レイナウド選手がゴール。後半早々に再び玉田選手、矢野貴章選手ともう1人誰かがゴールを決め、5-2でガンバを下すという、初夢にしたいぐらい素敵な夢だった。

ガンバ大阪は、近鉄バファローズよろしくいてまえ打線のチームだが、点を取れない相手ではない。要は、DFとGKがゴールを堅守してくれれば、勝てるはずだ。そう予想していた。では、点を取るポイントはどこかというと、玉田選手である。

彼は、ボールを触りながら調子を上げていくタイプと言われている。事実、昨シーズンは、セレッソ大阪戦でハットトリックを決めた以外は、すべて後半にゴールを決めている。しかも、全て1ゴールのみだ。
ちなみに、前々節のFC東京戦は、後半開始45秒で1ゴール、その後1ゴールを追加した。早い時間帯に1ゴール決めることができれば、調子は上々。1試合で2ゴール以上は決められると考えていた。

この予想は、嬉しいことにピタリと的中! 前半にレイナウド選手のアシストで1ゴール、そして、後半にも1ゴーーール! エースが決めるとチームも湧くし、サポーターも応援する心マックス! で、この勝利なのだ。今日は、ジーコ監督も観に来ていたので、玉田選手のええとこを見てもらえて、よかったよかった。

もちろん、よかったのは玉田選手だけでない。サカマガ&サカダイでは全員がベストイレブンに選ばれるのでは? と思えるほど素晴らしかった。特に、頼れるキャプテン、明神選手のプレーは好きだなぁ。派手さはないが安定感があるし、一つひとつが職人のように丁寧。終了間際に、PAに向かってドリブルで突破しようとしたアラウージョのユニフォームを引っ張って引っ張って、引っ張り倒してイエローカードを出されたけれど、このプレーがなければおそらく同点に終わっていただろう。
意味のあるイエローカードだった。また代表に呼ばれないかなぁ、と期待しているのですが、いかがでしょう、ジーコ監督?

そして、DF、GKの奮闘も忘れてはならない。3人のストライカーを徹底的にマークしてやるゾ! という気迫がガンガン伝わってきて、顧客満足度は大幅アップ! 信頼している土屋選手も得意の1対1で強さを発揮してくれたおかげで、FWは思い切って攻めることができたんじゃないかと思う(多分)。土屋選手、今日も輝いてました、色んな意味で

実は今日、初めて試合をスカパーで観戦した。スカパーに加入した途端、前節のような不甲斐ない試合を見せられたらどうしようかと、内心ヒヤヒヤしていた。もしそうなったら、「こんな試合を見るためにスカパーに入ったわけじゃないんです!」と『さとうきび畑の唄(だったと思う)』のようなセリフを吐いていたかもしれない。もしくは、スカパーに入った意味を探したかもしれない。学校に来た意味を探した尾崎豊のように。
とにかく、駄じゃれ好きの早野監督も凍りつきそうなつまらないことを言わずに済んでよかった。

--お祭り騒ぎはこれぐらいにしておいて。前節のように「慢心」に陥らないよう、気を引き締めたい。そして、次節のジュビロ磐田戦の応援に臨もうと思う。そうしないとラモスさんが来た意味を探さないといけなくなるからね、学校に来た意味を探した尾崎豊のように。
スポンサーサイト

2005-09-19 | レイソル愛(Jリーグ) |  cm : 0  |  tb : 1

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://imot.blog25.fc2.com/tb.php/1-46445551

柏レイソル柏レイソル(かしわレイソル)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカーチーム。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

2007-08-07 | サッカーFC事典

 | HOME | 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。