FC2ブログ

明日、蹴れ。(裏)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |   | 

ありがとう、ジーコ監督

 日本のW杯は終わった。今大会の試合後に、ジーコ監督の笑顔を見ることはなかった。この4年間、W杯に向けてチーム作りと日本サッカーの向上に尽力してくれた彼を、この大舞台で勝たせてあげたかった、本当に。

 ジーコ監督は、信頼関係の構築に重きを置き、不調の選手を“忍耐”して起用し続けることを信条とした。その恩情に応えた者だけが、W杯のメンバーに選ばれたと思っている。
 それでも日本代表選手たちは、大事な大会で勝ち切ることができなかった。信頼を寄せてくれた監督の気持ちに応えられなかった、と自責の念に駆られた選手もいたかもしれない。が、ジーコ監督は、どんな結果になろうとも、決して選手を責めたりはしない。もちろん、惨敗を喫したブラジル戦の後も。そんな姿勢を通じて感じていたのは、彼の選手に対する慈愛だった。

 玉田選手もその1人だろう。やれ、調子が悪いだの、やれ、結果が出ていないだのと周囲から揶揄されても、ジーコ監督は彼の強さを信頼し、“忍耐”して使い続けた。玉田選手も自身の不調を自覚しつつ、ジーコ監督の期待に応えるために努力していたことだろう。
 その甲斐あって、W杯予選のイラン戦で覚醒し、彼らしいドリブルから1アシストを記録。玉田選手はもちろんのこと、彼の真価が発揮されないことに気をもんでいたジーコ監督は彼以上に喜んだに違いない。

 この活躍をきっかけに、彼はJリーグのFC東京戦、G大阪戦で2ゴールずつをあげ、復調したかに見えた。が、疲労骨折により長期戦線離脱し、なすすべもなく所属していた柏レイソルはJ2降格に。
 ケガのせいで、しばらくの間代表に召集されず、忘れられた存在になった時期もあった。日本代表全員インタビューと題した雑誌に彼のインタビュー記事がなかったこと、W杯メンバー予想に入っていなかったこと…、と今思っても心底腹立たしいのだが、それでも、彼がドイツのピッチに立つことを微塵たりとも疑わず、日本代表サポの容赦ない批判や面白半分の野次に本気で怒ったこともある。そして「酔狂だ」と言われようが、彼がW杯で活躍することを信じていた。

 プロサッカー選手約1400人。彼らと日本のサッカーファンの夢を背負って、玉田選手は、王者相手に美しいゴールを決めた。これまでの応援が報われた瞬間だった。

 確かに、W杯は不本意な結果に終わった。でも、ずっと応援してきたのだから、これだけは言わせてください。

 玉田選手、ゴールおめでとう。ジーコ監督、ありがとう。

 玉田ゴールで、日本が勝てば言うことなかったんだけどな。そしてジーコ監督には、本当に勝たせてあげたかった、と今でも思う。何もできなかったからこそ悔やんでも悔やみきれないのだが、退任会見で「悔いることも恥じることもない」と迷いなく言い切った彼の言葉に、救われた気がした。
スポンサーサイト

2006-06-27 | サッカー日本代表 |  cm : 2  |  tb : 0

盛り上がって盛り下がる、ジーコジャパン決戦の日

異国の地 我らの誇りがボール蹴り
やって来た来た おらが夏

 高揚した気分のまま迎えた、決戦の朝。仕事仲間と合流するや、「いよいよですね!」とお互いに目を輝かせる。ドキドキしますね、ワクワクしますね。やってきました、FIFAワールドカップドイツ大会。
「今日は知り合いの事務所のデッカイテレビで観戦するんです」とワクドキ状態の偽明神Kさんは嬉しそうだ。片や私は、独り自宅でテレビ観戦。ビール飲みながら応援するですよ、と言うKさんに、嫉妬と羨望の火が胸に灯るのを自覚した。

 さて、カーラジオもW杯一色だ。
「キックオフまで、8時間!」
「2-0で日本の勝ち!」
 リスナーとDJのやり取りも、音楽よりもフットボールで盛り上がっている。
「今日期待している選手は?」
「駒野です」
「ゑ? 加地は出ないの?」
 …どうだろう、この世間知らずな質問は。スットコドッコイにもほどがある。加地選手が怪我したことを知らないなんて、この、非国民め

 昼食時、スポーツ新聞を読みながら「勝つかな、どうかな」とそわそわとするKさん。隣では、Cさんが左手に箸を持って定食を食べている。聞けば、利き足も左だという。「レフティーはブラジルでは至宝ですよ」なんて盛り上がり、手薄な左SBをやってみませんか? と調子に乗る。

 オリンピックよりも登録国の多いFIFA。オリンピックよりも視聴者の多いW杯。まさに世界のスターたちが、一堂に会するスポーツの祭典だ。そこに元うちの玉田選手がいるなんて、鳥肌もんだ。チキンスキンどころの騒ぎじゃない。ダチョウなみだ。もう、ブツブツだ。

 ハーフタイム、ビブスをつけて、ちょいと軽やかにリフティングする玉田選手。「出たいな、つまんねぇな」と言いたげな表情だ。一方、満面に笑みをたたえて、(憧れの)先発メンバーと握手を交わしていたのは、茂庭選手だ。その茂庭選手が、田中選手と坪井選手の思いを背負って、後半ピッチに立つことになろうとは、彼も想像だにしなかったに違いない。しかし、その強運をもってしても、オーストラリアに勝つことはできなかった。彼のW杯初体験は、ほろ苦い思い出となった。

 日本は勝てる試合で勝てなかった。が、ここから、勝利に邁進するジーコジャパンの伝説が始まる―――、と思いたい。

2006-06-14 | サッカー日本代表 |  cm : 0  |  tb : 0

日本VSマルタ戦で玉田が決勝ゴォォール!

 玉田選手がようやくゴールを決めた。アシストしてくれた三都主選手には、感謝してもしきれないぐらいだ。ありがとう、三都主選手!!
 このまま、2点、3点と取るつもりだったのだろう、交替を告げられた時は不満そうな表情でピッチを後にした。すぐに感情が顔に出てしまうのは相変わらずだが、うまくミートできなかったにもかかわらず、ゴールを決めることができたのは、コンディションが上がっている証拠なんだと思う。
 このゴールをラッキーの一言で片付けたりはしない。本領が発揮されつつあるのだ。本戦がとても楽しみになってきた。

 さて、気になるヒーローインタビューを待っていると、玉田選手の登場。久々に例の「ウフフフ」が飛び出し、嬉しいやら懐かしいやら。まったく、相変わらず素直な人だな、玉田選手は! その素直さが面白かったりするのだが。
 そして彼を信頼し、点が取れないことについて「点取り屋ではなく、崩し屋」と、ことあるごとに擁護してきたジーコ監督も、これでひとまず、自身の人選に確信を得たことと思う。

 玉田選手のゴールは、当然嬉しいこととして、実は、ドリブルで崩してからパスを繰り出す一連のプレーも好きだったりする。ドリブルで切り返してファーにクロス、だとか、高速ドリブルでサイドを深くえぐってマイナスのパス、だとか、サイドから中央に運んで、PA内に走り込んできた選手にスルーパスだとか。そういうゴールに結びつきそうなプレー、特にラストパスの精度にしびれるのは私だけではないだろう。

 とはいえ、やはりゴールが決まった瞬間は、あまりの嬉しさに大笑いしてしまった。ディエゴ選手がロスタイムに決勝ゴールを決めた時も大笑いしてしまったが、どうも私にはそういうクセがあるらしい。

 Nさんによると、W杯では無名のストライカーが得点王になるケースが多いそうだ。というわけで、玉田選手も得点王を狙っていいと思う。いや、狙え。そして、大笑いさせてくれ。そして、日本は優勝してもいいと思う。
 ジーコ監督は「W杯で世界を驚かせる」と言い、中村選手は「サッカーで勝てない相手はいない」と力強く言った。確かにそうだと思う。サッカーは、実力がそのまま結果につながるスポーツではないから。無名ストライカーが得点王になるように、ノーマークのナショナルチームが世界を席巻する可能性も十分にある。

「日本のサッカーを卑下するのは、日本のメディアだけだ」とはフローラン・ダバディ氏だ。彼は、1998年W杯・フランス大会で日本対クロアチア戦を観て、こんなにすごいサッカーがあるんだと驚いたという。日本は「動きが速く、次々にシュートを繰り出し、まるで花火を打ち上げるように攻撃を繰り返した」と述懐している。日本は負けはしたが、観ていて楽しかったそうだ。
 
 欧州メディアもこぞって、日本のサッカーを評価した。残念ながら、日本のメディアは「負けた事実だけを報じ、自分たちを卑下した」が、今大会も欧州を湧かせる魅力的なサッカーを繰り広げ、勝利に結びつけてほしいな、と思う。それは、ジーコ監督が率いる日本代表ならできると信じている。酔狂ではなく、本気である。

2006-06-05 | サッカー日本代表 |  cm : 0  |  tb : 0

ガンバレ、玉田選手

●村井選手は「僕は、玉田に何度もグラウンダーのパスを送りたいんです」と話していたという。その言葉通り、左サイドから、何度も仕掛けてはチャンスメイクをしていた。その彼が、ピッチに倒れこみ、苦渋の表情でバツを出した。タンカに揺られて空を仰ぐ村井選手は、遠い目をしていた。あまりの無念さに放心していたのか、ドイツの空を見ていたのか。
 この時期の選手のケガは、一番こたえる。

●賛否両論が飛び交う、ブルガリア戦の玉田評。ファンに傷つけられても反論できないのは、サッカー選手の辛いところだろう。それをいいことに、容赦なく無抵抗の者を叩きのめすのは、イジメの心理と同じのような気がする。

●いつも、ジーコ監督の笑顔はステキだな、と思う。多くのサッカーファンが彼を「神」と呼ぶのも分かるような気がする。それはサッカーがうまいからだけではなく、慈愛に満ちた人だから、ともいえるだろう。
 試合終了後、顔をポリポリとかいていたジーコ監督。こういう仕草に、人間的な魅力を感じてしまった。その人が、W杯で奇跡を起こすと言っている。すごいことを言っている。もちろん、彼は神ではない。日本代表監督には違いないが、それ以前に彼は1人の人間だ。その彼が奇跡を起こす、優勝すると言っている。

 しかし川淵キャプテンは、「日本が優勝する確率は1万分の1」と公言した。その母数の出所が謎だが、はなから諦めているとは、残念だ。

 言葉は、無から有を生む。インド人が発明した「ゼロ」は好個の例だ。ゼロのおかげで、ないものを、あたかもあるかのように扱うことができるのだから。
 随分前に流行った「メイクドラマ」もそうだろう。当時の巨人軍の長嶋監督は、選手もファンも優勝を諦めていたというのに、独り、「メイクドラマ」をスローガンに優勝を目指し続けた。達成できればドラマティック、ということから生み出されたようだが、その言葉は、リーグ制覇の原動力となった。
 また、アメリカが「イラクは核兵器を持っている」と言い、各国を巻き込んで戦争を起こしたことも記憶に新しい。結局、問題の核兵器は見つからなかったが、ブッシュが「ある」と言ったことから始まった、無意味な戦争だった。

 言葉を軽視する人は多いが、言葉の持つパワーは絶大なのだ。人を勇気づけたり奇跡を起こすこともできれば、人を深く傷つけたり戦争を起こすこともできる。
 気をつけよう。そして、言葉のパワーを信じ、ここにいい言葉を記しておこう。

 玉田選手、スコットランド戦で、ハットトリック達成!! ファン総立ち。

ちなみに、
湯浅健二氏の絶賛に気をよくし、一方で金子達仁氏の愛の鞭に涙した。


 

2006-05-13 | サッカー日本代表 |  cm : 4  |  tb : 0

日本VSブルガリア戦 @長居

 長居競技場に到着したのは、まさに選手がスタジアムに登場した瞬間だった。「ワァーッ」というサポーターの割れんばかりの大歓声を受けて、日本代表イレブンが悠々とピッチへ走っていく。
 スタジアムに突如として湧いた歓声のせいか、代表選手たちのオーラを感じたのか。しばらくの間、席を探すのも忘れて立ち尽くしてしまった。なぜか分からないけれど、ものすごく感動してしまったのだ。そして、強く思った。
 ドイツに行きたい。

 ゴール裏の熱心なサポーターも同じ思いに違いない。選手が登場しただけで歓喜に沸き立つ青い集団に、春、一斉に芽吹く木々のような生命力を感じた。
 彼らにとって日本代表選手たちは、スターや憧れを超越した存在なのだろう。たとえば、花を美しく咲かせるために、光と水と栄養分が不可欠なように、選手たちは、サポの人生や命の質を驚くほど高め、エネルギーを与えてくれる、何かとてつものなく、ものすごいもの(なんて稚拙な表現!)。

 そして、サポーターが期待と羨望の眼差しを送る先に、元うちの玉田選手がいることが、とてもとても誇らしく思えた。涙が出てきそうだったよ、とーちゃん! だって、タマヲタですから。
 「え、タマギャルではないんですか?」とは、この日お付き合い願った兄貴的存在のK氏。そこで、「ギャルのキャラではないですからネ。でも、お望みなら、ギャルっぽい格好してみましょうか」と反問すると、「そ…それは、ある意味、納涼大会ですね」。

 一刀両断とはこのことですネ。でも、ちっともひるまなかった。なぜなら、玉田選手の先発が確定していたから。
 ジーコ監督は玉田選手を先発に起用することについて、「この試合で、感覚や自信を取り戻してほしい。(W杯メンバーを)選考する時期なら、あまりこういうことはしないけど、今は(若手FWを見るよりも、玉田が)代表でどれだけできるか」と話していた。今、不調に苦しむタマさんを慮った言葉は、本人だけでなく、タマヲタをも幸せにする優しさに満ちていた。
 ありがとう、ジーコ監督! もう、彼には感謝してもし切れないぐらいだ。

 というわけで、有り余る感謝の気持ちを、この日お付き合いいただいた、我らが兄貴K氏と明神選手似のKさん、某スポーツでW杯に出場した美人ねぃさんにも伝えておいた。
 「おかげさまで、元うちの玉田選手が先発です、ありがとうございます。W杯でも活躍しますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします」

 そんな昂揚感も、キックオフ直後の失点で落胆に。点を失うのは、意外とあっけないものなんだ、と思った。何年もかけて築いた信頼が、ちょっとした不注意で崩れてしまうそれに似ている。でも、落ち込んでいる場合ではない。
 
 ニセ明神さんに「まだ89分あるぞー」と奮い立たされ、選手たちに送った「ニッポン!」コール。
 
 初めて歌った「たまだ、ゴールゴールゴール…」の応援チャント。

 みんなで叫んだ「たなーか、まーこ!」

 楽しかった運動会。枕投げをした修学旅行。みんなで行った千葉、滋賀、佐賀。
 
 色んな思いが、わいてくる。それは、卒業式の答辞の如く。そのムードに「代表戦っていいですね、いい経験です」と無理矢理誘った兄貴に喜んでもらえたのは、何よりも嬉しかった。

 そんな怒涛の90分、元うちのタマさんは、ゴールを決めることはできなかった。が、悪くはなかったと思う。元、柏のチームメイトで、ブルガリア代表監督のストイチコフ氏もこう言っている。

ストイチコフ監督、玉田を絶賛
ブルガリア代表・ストイチコフ監督は「きょうの日本は全体的に良かった。特に玉田がね。柏でプレーしていた時は若い選手だったけど」と98年から2年間Jリーグ柏でプレーした当時のチームメート玉田を絶賛した。(スポニチ)

 ストイチコフ監督の言葉に、涙しそうになった。そして、強く思った。
 ドイツに行かせてあげたい。 

 玉田選手は、敵将の賞賛という後押しを得た。あとは、玉田選手がW杯の代表メンバーに選ばれることを信じるだけだ。本人が頑張っているのだから、選ばれることを強く信じる。それにタマさんほど、青いユニホームと28番が似合う選手はほかにいませんよ、いや、マジで。
 というわけで、ジーコ監督、元うちの玉田選手をよろしくお願いいたします。

2006-05-10 | サッカー日本代表 |  cm : 5  |  tb : 0

日本VSインド戦

 日本VSインド戦は、6-0で日本が圧勝した。相手のインドはアジアの古豪といわれている。だが、今はすっかりその鳴りを潜め、これまでの対日本戦の戦績は0-5や0-7と、ゼロを発明したインド人らしく、0点を守っている。

 何もないものに、あたかもあるかのように、“ゼロ”と名付けたインド人。インド代表監督さんが、有効な戦術なしに、無根拠とも思える確信でもって日本戦に臨んだように見受けられたのは、彼らがゼロを発明した人種だからかもしれない。

 一方日本は、ゴールラッシュが期待されていたが、前半は1ゴールのみ。後半には5ゴールを上げ、結果的には大量に得点することができた。しかし、日本がやりたいサッカーを体現していたとは思えないし、つまらないミスが多かったし、何より観ていてつまなかった、というのが正直な感想である。
 川淵キャプテンもこうおっしゃっている。

川淵キャプテン酷評 「けが人でなかったことだけが救い」
試合中には珍しくスタンドからブーイングも起こったがキャプテンは「僕だってしたかった。つまらないパスミスやたるんだプレーにはもっとたくさんしてほしい。ジーコもこたえるだろう」とサポーターと同じ不がいない気持ちで試合を観戦していたと語った。(スポーツ報知)

 川淵キャプテンの意見はごもっとも。それに加えて、贔屓の選手が出場していなかったことも、つまらなかった理由である。このチームにタマさんがいて、「タマダ王子、頼みます!」と優しさ溢れるパスを出してくれる松井選手がいたら、もうちょっと楽しく観ることができただろうに。

 柏の選手やタマさんがいない代表戦なんて、クリープを入れないコーヒーみたいだ、といつも思う。あるいは、褐色の恋人スジャータとの愛も冷めてしまったような感じ。それに引き換え、代表選手を多く輩出している浦和とか千葉とか磐田のサポなんて、代表戦が楽しみで楽しみで仕方ないのだろうなと思う。

 別に嫌いな選手がいるわけではないのだが、やはり贔屓のチームの選手が出場してなんぼ、である。知識があり、観戦スキルのある人は、平等な視点でプレーのみを楽しむこともできるのだろうけど、残念なことに私はそのどちらも持ち合わせていないし。

 とりあえず、タマさんが復活するまでしばらくの間、味気ないコーヒーを飲むことになりそうだ。

2006-02-23 | サッカー日本代表 |  cm : 2  |  tb : 0

ジーコジャパンがフレンドパークに集結

 唐突だが、次週の『関口宏の東京フレンドパーク2』に、ジーコジャパンが集結するそうだ。なんて魅力的、かつ、天皇杯やW杯の緊張感もへったくれもないプランなんだろう!! 

 ジャパンブルーに身を包んだ戦士たちが素晴らしいジャンプで空中戦を競い合い、タメちゃん唯一のレギュラーの座を奪うのです。クイズは全問正解し、クイズ番組への依頼が殺到するほどのクレバーぶりを発揮するのです。そして、ハイパーホッケーでほんじゃまかを完膚なきまでに叩きのめし、最後はダーツで車をゲットして勝負強さを見せつけてくれるのです。もちろん、特別ゲストに早野元監督を招き、ほんじゃまか・石塚とのダジャレ対決を実現できるかどうかは、プロデューサーの腕の見せ所だ。そして気になる視聴者へのプレゼントは、「W杯予選 日本VSブラジル」のチケットに決まり!
 そんなことを想像しながら、出演者は誰かな、と期待に胸を膨らませて調べてみると――。

田中・福西・宮本・三都主・中沢・大黒がゲームにチャレンジ

 …うちのタマさんの名前がない、タマさんがいない! ビジュアル的にも、うちのタマさんは外せないと思うのだが、まぁ、リハビリ中の身だから仕方ないか。ウェーブだけでもやらせてあげてほしかったなぁ。

 でも、天下のTBSのことだ、何が飛び出すか分からないゾ。「自主トレ中の玉田選手を突撃リポート!」なんて、レイソルファンに粋な計らいをしてくれるかもしれない。その横でトレーニングに励む大野ハルタン選手や土屋選手、波戸さん選手、明神選手がチラリとでも映ったら、これはもう大変なことですよ、若っ! お宝映像です。録画しなきゃいけません。
 もっとも、そんなサプライズプランを実行したら、「きいてねーもん。こんなの」と王子のご機嫌を損ねる可能性はなきにしもあらず、ですが。

 さて、個人的に地味だと感じる出演者の中で注目したいのは、田中マコ選手と三都主選手。その他のメンバーはお祭りが好きそうだし、テレビ的にも面白いことをしてくれそうだが、前述の2人がどんな素顔を見せてくれるのか、正直見当がつかないからだ。番組でも大人しすぎて「なんか消えてたよね」とか言われなければいいのだが、老婆心ながら!(でも、田中マコ選手は、クリアミスが少ないから好きですヨ)

2005-12-19 | サッカー日本代表 |  cm : 2  |  tb : 0

 | HOME |  »

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005junko-iAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。